みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


メディア掲載レポートMedia Report

ニュース シブ5時 NHK総合:「特集!夏休み 自由研究」のコーナーにて

番組概要

8.25ニュースシブ5時1

高校2年生の佐久間美優さんは肉を培養する自由研究を行っている。佐久間さんが行っている研究は鶏の筋肉細胞を入れて培養液を入れて培養するというもので最終的には肉になるというもの。肉の培養に関心を持ったきっかけは4年前にロンドンで開かれた培養牛肉の試食会で培養肉が食糧問題を解決する夢の技術として紹介されたインターネットの動画を観たことだった。またこの培養肉は日本でも製造している企業があり日本の大手医療機器メーカーが興味を示し共同開発の申込みが殺到しているという。夢の技術を自由研究に選んだ佐久間さんは「自宅培養は高校生では初めてなのでドキドキして楽しい」と話している。


8.25ニュースシブ5時2

バイオベンチャー技術責任者・福本さんらは試行錯誤の上、培養肉バーガーを驚きの安さで作れる可能までたどり着いた。 開発で必要になってくる「ビール酵母」は牛の胎児の血清の代わりになるほかビールにづくりに欠かせないものは、1リットル1円と簡単に増やすことができるという。また効果な成長を生み出してくれる「秘密の細胞」を見つけたことによって、かかるお値段は0円。3000万円もかかったハンバーガーを100円以下にできる可能性を示した。


8.25ニュースシブ5時3

史上最年少の野菜ソムリエの緒方湊くんをゲストに迎えて自由研究についてトークを展開した。細胞から肉を培養することについて緒方くんは食べることについて少し怖いというイメージがあると話したが遺伝子の組み換えは一切ないため安心であると片岡利文解説委員は解説した。さらに現在世界の人口が75億人でそのうちの8億人が食べ物が足りずに栄養が足りない状況のため肉を培養することが必要になっていると説明した。


8.25ニュースシブ5時4

培養肉バーガーについて説明・スタジオトーク。ハンバーガーを作るには、牛の筋肉細胞+培養液で牛肉となっており、牛の胎児の血清をビール酵母でできるようになった。また成長因子というタンパク質が0円で作ることができる可能性を証明した。片岡さんは「若い人たちが小さい会社を作って開発にチャレンジすることは、どんどん新しく日本を変えてくれる」と話したほか、湊くんは「なんとか頑張ります」などコメントした。
培養肉のバーガーは日本円で3000万円と高額で細胞から作る肉をどうしたら安く作るかという競争が激しくなり現在日本のベンチャー企業がリードしていると説明した。


https://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/53578/1089435 gooテレビ番組情報より

<< メディア掲載実績に戻る