みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の魚-summer-

アオダイ(青鯛)の上手な選び方と料理方法アオダイ(青鯛)の上手な選び方と料理方法


アオダイ(青鯛)の上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
東京では夏に美味しい魚として知られています
目が澄んでいて、黒目がしっかりしており、青、黄ともに鮮やかなもの。体に張りがあり、腹が柔らかくないもの。全体的にふっくら感があるものがおススメです。
みなとのギョギョっと食べやさい
アオダイだけれど鯛ではない、あやかり鯛
タイ科以外にも多くの魚に「鯛」がつきます。これを「あやかり“たい”」と言います。イシダイ、アマダイ、スズメダイなどです。アオダイもこれに相当します。
みなとのギョギョっと食べやさい
高級店でお馴染み
白身魚の中でも高級に扱われており、高級店では主に刺身になります。
身は 真鯛よりも歯ごたえがあり、大きいものは脂分もありもちもちとした食感が魅力です。

アオダイのおいしい食べ方アオダイのおいしい食べ方


クセが無いので、どのような料理にも合います

クセが無いので、どのような料理にも合います透明感が長続きする白身で、血合いの色が非常に美しい魚です。火を通しても身が硬くならないので、塩焼きや煮付けにも向きます。アラからは良い出汁が出るので、汁物や鍋物にしても美味です。刺身が美味しいのは言うまでもなく、湯引きにして皮と身の間の旨みを楽しむことができる魚です。皮目をサッと炙っても美味しいです。


  • 困ったときのアオダイという言葉があるくらい、間違いのない魚です。困ったときのアオダイという言葉
    があるくらい、間違いのない魚です。
  • 矢印
  • エラの下の色を見て、鮮度を確認しましょう。エラの下の色を見て、
    鮮度を確認しましょう。
  • 矢印
  • 背ビレにはトゲがありますので注意しましょう。毒はないですが、雑菌がついている可能性がありますよ。背ビレにはトゲがありますので
    注意しましょう。毒はないですが、
    雑菌がついている可能性がありますよ。
  • 矢印
  • 透明感があり、血合いも美しい。見た目以上に旨みが濃く、すし飯との相性も抜群です。透明感があり、血合いも美しい。
    見た目以上に旨みが濃く、
    すし飯との相性も抜群です。

アオダイの豆知識アオダイの豆知識


南国の魚をもっと食べてみよう

南国の魚をもっと食べてみよう アオダイは築地などでは高級魚として定番のものです。鮮度がよければ非常に高価です。沖縄ではシチューマチと呼び、メジャーな魚です。アオダイも青がきれいですが、沖縄と言えばイラブチャー、これはアオブダイです。アオブダイは刺身や酢味噌で食べるようです。アオブダイやアオダイのようにカラフルな魚は皮つきの刺身が見た目にも美しいです。南国の魚は…と言う方もいらっしゃいますが、南国の魚も美味しいですよ。ただ、少しお高い気がしますが。。。