みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-autumn-

里芋の上手な選び方と料理方法里芋の上手な選び方と料理方法


里芋の上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
里芋はまず表面の湿り具合をチェック
里芋は乾燥に弱いので乾いているものを避け、水分を保護する泥付き、ほんのりしっとりしている位湿気のあるものが良いです。乾燥してくるとヒビ割れてくるのでそのような里芋は避けましょう。洗ってあるものは風味が落ちやすいので、できるだけ泥付きのものを選びましょう。里芋の表面にはシマができていますので、シマがはっきりと分かる里芋は美味しいと言われています。
みなとのギョギョっと食べやさい
茶色でヒビ割れてないもの、固くて重いものの上手な選び方と料理方法
里芋の身が固くしまって、重い物ほど実が充実しています。里芋のおしり側(親芋との切り口があるほう)を触ってみて、柔らかすぎる里芋は鮮度が悪く傷んでいる可能性も高いので避けましょう。里芋の鮮度が落ちてくると黒ずんでくるので、黒い里芋は選ばない方がよいです。里芋はふっくらと丸みがあり、表面に傷が無いものを選びます。古い物はカビ臭くなる事が多いので、臭いもチェックです。
みなとのギョギョっと食べやさい
皮を剥いてあるものよりも、自分で皮を剥こう
皮が剥いてあるものは調理をするときに手間がかからないというメリットがありますが、表面が固くなりやすいので手間はかかっても、きちんと新鮮な状態で食べるようにすると里芋の美味しさを実感できます。里芋は寒さに弱く、冬場は剥いたときに赤い斑点がでる場合があります。この部分はいくら煮ても固いままなので調理前に取り除いておきましょう。

里芋を保存する里芋を保存する


里芋は冷蔵保存には適しません。

里芋は冷蔵保存には適しません。 暑い国、インドが原産のため、寒さと乾燥が苦手です。冷蔵庫に入れると低温障害を起こし早く痛みやすくなりますので、冷蔵庫には入れないでください。土を洗い落としてしまうと乾燥して品質の低下が早まるので、土がついたまま新聞紙に包み、湿り気を逃さぬように風通しの良い冷暗所においておきます。新聞紙が濡れる位湿り気がある場合は、カビ臭くなる場合があるので、天日が乾かしてから包むと良いです。泥なしのものはビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存します。品質低下が早いので、なるべく早く食べましょう。皮が剥かれているものは、水に浸けて変色を防ぎ、早く食べるようにしましょう。


  • 八頭(やつがしら)。子芋が分球しないため、親芋子芋ともひとつの塊になるタイプ。頭が八つ固まっているように見えることからヤツガシラと呼ばれている。八頭(やつがしら)。子芋が分球しない
    ため、親芋子芋ともひとつの塊になる
    タイプ。頭が八つ固まっているように
    見えることからヤツガシラと呼ばれている。
  • 矢印
  • セレベス。セレベスはインドネシアのセレベス島(現スラウェシ島)から伝わった里芋です。もっちりとした食感で、粘りも強く、芋の味が濃い。セレベス。セレベスはインドネシアの
    セレベス島(現スラウェシ島)から
    伝わった里芋です。もっちりとした
    食感で、粘りも強く、芋の味が濃い。
  • 矢印
  • 海老芋。反り返えった形と表面のシマ模様がエビのように見えるのでそう呼ばれる。京都の伝統野菜「京野菜」の一種。海老芋。反り返えった形と表面の
    シマ模様がエビのように見えるので
    そう呼ばれる。京都の伝統野菜
    「京野菜」の一種。
  • 矢印
  • 八つ頭から採れる「赤ズイキ」は加賀の伝統野菜。柄の部分を遮光して白く仕上げた「軟白ズイキ」は奈良の伝統野菜。八つ頭から採れる「赤ズイキ」は
    加賀の伝統野菜。柄の部分を遮光して
    白く仕上げた「軟白ズイキ」は奈良の
    伝統野菜。

サトイモの豆知識サトイモの豆知識


ダイエットに最適な野菜です。

ダイエットに最適な野菜です。 糖質が主成分のイモ類の中で、最も水分が多い里芋は低カロリーで、エネルギー量はサツマイモや山芋の半分以下です。里芋の主成分はデンプンですが、他のイモ類と比較してとくに多いのがカリウムの含有量です。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。里芋独特のぬめりは、粘膜を保護し、胃腸の働きを助ける作用があります。皮を剥くときに一度里芋を洗い、半分程度乾かすと、ぬめりが出にくく、手がかゆくなるのを防ぐことができますよ。