みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-autumn-

柿の上手な選び方と料理方法柿の上手な選び方と料理方法


柿の上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
色が均一のものの上手な選び方と料理方法
ムラなく均一にヘタの近くまで色づき、皮にハリがあるものを選びましょう。柿の種類によって「赤さ」は異なりますが、同種のものを比較するならより赤づいているもの、大きいものの方が美味しい柿の可能性が高いです。ツヤに関しては一概には言えません。白く粉を吹いたようになっているものはブルームと言い、ブドウなどでも見られるように完熟した果実によく見られる自然現象なので、付いていた方が良い物もあります。
みなとのギョギョっと食べやさい
柿を持ってチェック
固すぎず柔らか過ぎないものが理想ですが、固いものは時間がたてば柔らかくなりますので、柔らかすぎるもの選ばないようにしましょう。しっかりと実の詰まったものはずっしりとした重みを持つので、スーパーなどで選ぶときは同じぐらいの大きさのものを手に取り比べてみるとよいですよ。
みなとのギョギョっと食べやさい
柿を横から見てチェック
通常ヘタは4枚付いていますが、熟す前にヘタが一枚でもかけると実が育たずに十分な大きさになりません。柿が十分に大きく育つとヘタと実との隙間がなくなりますので、軸が真ん中にあり、ヘタが緑で生き生きとし、ヘタと実がぴったりくっついている柿を選びましょう。

柿を保存する柿を保存する


ヘタの部分にちょっと工夫をすると…。

ヘタの部分にちょっと工夫をすると…。 市場流通している渋柿の多くは、アルコール脱渋加工と炭酸ガス脱渋されていて、15~20度で1週間~10日間位保存が出来ます。まだ熟していない場合、常温の冷暗所で保存します。乾燥しないように新聞紙などで一つ一つ包んで保存すると良いです。柿は常温で置いておくと、エチレンガスを出しながらどんどん柔らかくなります。どんどん熟してドロドロになっていきますので、熟している柿も冷蔵保存が向いています。柿はそのままの状態で冷蔵庫に保存すると、多少は柔らかくなるスピードが遅くはなるのですが、水分が抜けてしまうこともあります。柿はヘタの部分で呼吸し水分が蒸発していきますので、保存する時に、ティシューや折りたたんで濡らしたキッチンペーパーを、柿のヘタの部分にあてて、そのままひっくり返しヘタの部分を下にした状態、ヘタが湿らせたティシューに乗っている状態で一つ一つビニール袋に入れて、冷蔵庫に入れておきます。ビニール袋に入れるのは、柿からエチレンガスが出ているので、他の野菜や果物が熟すのを抑えるためということと乾燥を防ぐためです。ペーパーが乾いてしまうと追熟が進みますので、ティシューやキッチンペーパーは定期的に濡らしましょう。


  • 柿に含まれるビタミンA・Cが皮膚や粘膜を丈夫にして肌の健康を守ります。βカロテンは油とともに吸収率がアップするのでサラダにしてドレッシングをかけるのもおススメです。柿に含まれるビタミンA・Cが皮膚や
    粘膜を丈夫にして肌の健康を守ります。
    βカロテンは油とともに吸収率が
    アップするのでサラダにして
    ドレッシングをかけるのも
    おススメです。
  • 矢印
  • 柿のやさしい甘さが口に広がるタルトです。旬の味わいを楽しむことができます。柿のやさしい甘さが口に
    広がるタルトです。旬の味わいを
    楽しむことができます。
  • 矢印
  • 熟れすぎてしまった柿を使ったレシピとしてもおススメの「柿のコンフィチュール」。砂糖を加えなくても甘みが強いですよ。「渋戻り」には注意しましょう。熟れすぎてしまった柿を使った
    レシピとしてもおススメの
    「柿のコンフィチュール」。
    砂糖を加えなくても甘みが
    強いですよ。「渋戻り」には注意
    しましょう。
  • 矢印
  • 「柿が赤くなると医者が青くなる」この言葉通り、柿には栄養がたっぷりと含まれています。元々の栄養価が高い柿を干し柿にすると、さらに栄養豊富になりますよ。「柿が赤くなると医者が青くなる」
    この言葉通り、柿には栄養がたっぷりと
    含まれています。元々の栄養価が高い
    柿を干し柿にすると、さらに栄養豊富に
    なりますよ。

柿の豆知識柿の豆知識


黒い斑点は甘い証拠。

黒い斑点は甘い証拠。 “Kaki”という言葉は万国共通で、学名も〔ディオスピロス・カキ〕といい、"神から与えられた食べ物"という意味が有るほどです。 現在、日本にはおよそ1000種以上の柿があります。しかしそのうち、700種あまりが「渋柿」です。渋柿は「干す」ことによって渋味が抜けます。これは渋味の成分であるタンニンが、干すことによって姿を変え、実の中にある「黒い斑点」になって渋味を感じなくなるためです。「甘柿」も最初は渋味がありますが、熟す過程で自然とタンニンが変化するため、干さなくても美味しく食べられます。柿にタネはいくつあるか分かりますか?柿の実の場合、完全に授粉してタネが入ると8個の種が入ります。実際にはそこまで数多くの種が入ることはまれです。種が入ることで、生理落果(柿の実が大きくなる前に落ちてしまう現象)を起こしにくくなっったり、柿が大きくなるなど良い面があります。 品種によっては「平核無(ひらたねなし)」のように種が途中で退化して無くなってしまうものもあります。