みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-autumn-

チンゲンサイの上手な選び方と料理方法チンゲンサイの上手な選び方と料理方法


チンゲンサイの上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
葉と茎、根に注目ポイントがあります
チンゲン菜の場合は、緑色が濃すぎると、成長しすぎていて、アクが強く出る可能性がありますので、葉の色が、淡い緑色をしているものの上手な選び方と料理方法ようにしましょう。葉が肉厚でハリがあるものは、甘みが強く美味しいですよ。茎が短くて、太く幅広いものがおススメです。根元からたくさん茎や葉が密集しているものの上手な選び方と料理方法ようにしましょう。
みなとのギョギョっと食べやさい
チンゲンサイの旬は晩秋
チンゲンサイはスーパーなどで一年中いつでも手に入るので、旬を感じることが少ないように思いますが、チンゲンサイは春と秋が最も多く出回る時期で、とくに晩秋、気温が下がってきたころに味がよくなるといわれています。その時期は路地ものが多く、自然の恩恵を存分に受けていて、旬の味がつまっています。
みなとのギョギョっと食べやさい
アブラナ科の野菜と「イソチオシアネート」
大根、小松菜、ブロッコリー、チンゲンサイ、カブなどみんなアブラナ科の野菜です。 これらの野菜は形も味も全く違いますが、アブラナ科の野菜の共通点は4枚の花びらが十字架のように開くことと、「イソチオシアネート」というガンの予防に効果がある辛味成分の一種があることです。

チンゲンサイを保存するチンゲンサイを保存する


乾燥に弱いが、水滴にはもっと弱い。

乾燥に弱いが、水滴にはもっと弱い。 チンゲンサイは乾燥に弱い野菜ですが、チンゲンサイ自身を濡らしたまま保存してしまうと逆に早く傷みますので、乾燥しないよう濡れた新聞紙などで包み、ビニール袋に入れ野菜庫に立てて保存します。また、チンゲンサイは冷凍保存も出来ます。冷凍する場合は、一度固めに茹でてから冷水に浸します。冷えたら水気をよく絞って、小分けしてラップなどで包み、保存袋に入れて冷凍します。


  • 中国語では青梗菜(チンゴンツァイ)、青梗は「茎が緑色」という意味です。チンゴンツァイを日本語読みすると「チンゲンサイ」です。中国語では青梗菜(チンゴンツァイ)、
    青梗は「茎が緑色」という意味です。
    チンゴンツァイを日本語読みすると
    「チンゲンサイ」です。
  • 矢印
  • チンゲンサイが青軸なのに対し、白軸のものを「パクチョイ」と呼びます。ビタミンC、葉酸、ビタミンK、ビタミンB群の多くがチンゲンサイより多く含まれています。チンゲンサイが青軸なのに対し、
    白軸のものを「パクチョイ」と
    呼びます。ビタミンC、葉酸、ビタミンK、
    ビタミンB群の多くがチンゲンサイより
    多く含まれています。
  • 矢印
  • シャキシャキとしていて、ほのかに甘みがあり、煮崩れしないチンゲンサイは、油で調理することによって栄養素、特にビタミン類は吸収効率がUPします。シャキシャキとしていて、ほのかに
    甘みがあり、煮崩れしないチンゲン
    サイは、油で調理することによって
    栄養素、特にビタミン類は吸収効率が
    UPします。
  • 矢印
  • フカヒレの姿煮にはチンゲンサイが定番。チンゲンサイはビタミンCが豊富なので、コラーゲンをより体に早く吸収すると言われ、中国で昔から添えられてきたようですよ。フカヒレの姿煮にはチンゲンサイが
    定番。チンゲンサイはビタミンCが
    豊富なので、コラーゲンをより体に
    早く吸収すると言われ、中国で昔から
    添えられてきたようですよ。

チンゲンサイの豆知識チンゲンサイの豆知識


実は栄養豊富な野菜。

実は栄養豊富な野菜。 実はチンゲンサイはとても栄養豊富な野菜です。「アメリカ疾病予防管理センターCDC」という機関が発表した研究「17種類の必須栄養素が豊富な野菜と果物41品目」によると、チンゲンサイは栄養素密度スコアが高い野菜として、クレソンに続いて第2位にランク付けされています。
チンゲンサイはカロテンが豊富で食物繊維も多い野菜です。食物繊維は脂肪との結合が強いので便秘解消に役に立ち、悪玉コレステロールの形成防止に役に立ちます。カロテンも多くなんとピーマンの6倍ものカロテンを含んでいるそうです。カロテンは皮膚の粘膜を強化して、ビタミンCとの相乗効果で風邪の予防、美肌、ガン予防に良いとされています。また、アリルイソチオシアネートという成分は消化を助け、血栓を防ぎます。