みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-summer-

ズッキーニの上手な選び方と料理方法ズッキーニの上手な選び方と料理方法


ズッキーニの上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
太さが均一なものの上手な選び方と料理方法ようにしよう
ズッキーニはあまり太すぎず、なるべく上から下まで太さが均一なものがよいです。果実が未熟なうちに食べるものなので、育ち過ぎて太く大きくなり過ぎた物は果肉が固く、味が落ちます。
同じ大きさのものは、手で持ってみて、重い方が新鮮で美味いズッキーニです。表面に傷がなく、艶のあるものを選んでください。きゅうりの選び方にも似ていますね。
みなとのギョギョっと食べやさい
ヘタやお尻をチェックして、切り口が新しい物の上手な選び方と料理方法ようにしよう
新鮮なうちに食べるのが美味しい野菜ですので、ズッキーニの上下の切り口を確認して、切り口がみずみずしく張りはあるのを選びましょう。古くなると実がスカスカになりますので注意しましょう。実が成長すると繊維質が増えます。
みなとのギョギョっと食べやさい
皮を見て、ハリツヤが確かなものの上手な選び方と料理方法ようにしよう
ズッキーニの表面が変に変色しておらず、ハリと艶があるものは新鮮な証拠です。
角がある程度立っているかを確認するのも分かりやすくてよいです。
ズッキーニは乾燥しやすい野菜ですので、鮮度が落ちると底の方から枯れていきます。
ビニール袋に入っていても、鮮度が落ちる早さは変わりません。

ズッキーニを保存するズッキーニを保存する


日持ちが悪いので早めに使い切るのが大事

日持ちが悪いので早めに使い切るのが大事 ズッキーニはカボチャの仲間ですが、カボチャが完熟果なのに対してズッキーニは未熟果のため、傷みやすく日持ちしません。
また、ズッキーニは乾燥しやすく、水分が抜けてしまうと味が落ちやすいので、涼しくて風通しのよいところで保存しましょう。
常温で保存する場合は、水分を逃さないためラップや新聞紙で1本ずつしっかりくるんで、冷暗所で立てて保存しましょう。常温での保存期間は1週間ほどです。
温度が低いのも、傷みが早くなってしまいますので、ラップや新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で立てて保存しましょう。
カットして残ったものは、切り口にしっかりとラップをかけて冷蔵庫で保存しましょう。保存期間は4~5日です。
冷凍して保存するには、輪切りや角切りにしてかために加熱し、トレイなどに並べ、くっつかないようにし、完全に凍ったらジップロックに移しましょう。
冷凍保存した場合は、歯ごたえがなくなり食感が変わりますので、カレーなどに利用しましょう。


  • 外見はキュウリの様ですが、使い方はナスに近いです。実はカボチャの仲間です。外見はキュウリの様ですが、
    使い方はナスに近いです。
    実はカボチャの仲間です。
  • 矢印
  • ヘタを見て切り口のみずみずしさを確認しましょう。ヘタを見て切り口のみずみずしさを
    確認しましょう。
  • 矢印
  • 未熟果なので種はない。中はしっとりしていて、みずみずしいものがおいしい。未熟果なので種はない。
    中はしっとりしていて、
    みずみずしいものがおいしい。
  • 矢印
  • 切り口が乾かないようにぴったりラップで包み冷蔵。未使用のものもラップで包み、野菜室で立てて保存。切り口が乾かないようにぴったり
    ラップで包み冷蔵。未使用のものも
    ラップで包み、野菜室で立てて保存。

ズッキーニの豆知識ズッキーニの豆知識


いろいろな野菜との組み合わせが楽しい!

いろいろな野菜との組み合わせが楽しい! 味は淡白で油との相性が良く、他の野菜と合わせた煮込み料理として料理するのがポピュラーです。イタリア料理ではカポナータ、フランスではラタトゥイユが定番レシピです。
ズッキーニにはカロテンが多く含まれるので、体の免疫力を高めます。油と一緒に摂取するとカロテンの吸収率が上昇します。イタリア料理では、ズッキーニの花の中にチーズや肉を詰めて、揚げたり蒸したりして食べます。ズッキーニという名前はイタリア語で「小さなカボチャ」を意味します。