みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-summer-

シシトウの上手な選び方と料理方法シシトウの上手な選び方と料理方法


シシトウの上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
ツヤとハリ、みずみずしいものを選びましょう
緑鮮やかでツヤとハリがあり、香りがはっきりとしているもの。シシトウはまだ若いうちに収穫されるため、小振りで柔らかい弾力を感じるものがおススメです。ヘタはピンと伸びて、軸の切り口がみずみずしいものが良いです。茶色く変色したり干からびたりしていないか確かめます。
黒ずんでいるものと固く感じるものは鮮度が落ちている場合があるので避けるようにしましょう。大き過ぎるものは育ち過ぎで味や風味が劣ると言われています。
みなとのギョギョっと食べやさい
“赤いのが辛い”という訳ではないですよ。【完熟】して赤いのです
シシトウ(獅子唐)は先端が獅子の口に似ていることから、この名前がつきました。赤いシシトウもありますが、品種が違うのではなく、赤ピーマンと同じように枝になったまま完熟させて赤くしたものです。シシトウもピーマン同様に成熟すると赤くなりますが、普段私たちは熟する前に収穫されたものを食しています。
みなとのギョギョっと食べやさい
辛くないの?
南米原産のトウガラシは辛み種と辛みのない種に分類されますが、シシトウは甘み種のトウガラシの仲間です。ピーマンやパプリカも甘み種の部類です。ごくまれに、栽培中に乾燥などの強い水分ストレスがかかったりすると辛くなるようです。ストレスがかかると辛くなるのは、防衛本能の一つと考えられています。すごく辛い物は受粉不良によるもので、小ぶりで中に種が少ないものが特徴のようです。最近は品種改良により、辛い商品が市場に出ることはほとんど無いようです。

シシトウを保存するシシトウを保存する


風味が落ちるので出来るだけ早く食べましょう。

風味が落ちるので出来るだけ早く食べましょう。 シシトウなどの甘唐辛子は暖かい環境で育った野菜なので、冷蔵庫の低温化に長時間入れておくと低温障害を起こし傷みやすくなります。乾燥しないように新聞紙に包むかビニール袋に入れて、野菜室で保存するのが良いです。4~5日で使い切りましょう。もし、シシトウに黒くなった部分があれば一緒にそのまま入れて保存せず、取り除きましょう。長期保存の場合は冷凍します。洗った後、固い軸の部分、又はヘタまで切り落とし、茹でたりせず生のままバットなどに広げ一気に冷凍します。凍ってから保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。


  • 赤いシシトウは完熟しているシシトウです。“辛いので赤い”は間違い。赤いシシトウは完熟しているシシトウ
    です。“辛いので赤い”は間違い。
  • 矢印
  • 完熟したシシトウの断面図。完熟したシシトウの断面図。
  • 矢印
  • 野菜のスープにアクセントになるシシトウ。野菜のスープにアクセントに
    なるシシトウ。
  • 矢印
  • てんぷらが定番。てんぷらが定番。

シシトウの豆知識シシトウの豆知識


ビタミンACEで動脈硬化を予防!

ビタミンACEで動脈硬化を予防! βカロテンが体内で変化するビタミンAとビタミンC、ビタミンEはともに抗酸化作用がある成分です。これらのビタミンは体内で出来る活性酸素からカラダを守り、過酸化脂質の生成を抑え動脈硬化や脳梗塞、心疾患などを予防する働きがあります。カロテンは油で調理すると吸収率がアップするので、てんぷら、油炒めがおススメです。シシトウは甘味種ですが、辛味種のとうがらしに含まれる「カプサイシン」が含まれていて、脂肪燃焼や血行を促進する効果も期待できます。シシトウは、辛味成分が表に出にくいだけで、トウガラシの仲間なので、もともと辛味の遺伝子を持っています。トウガラシは、気温25度以上になると辛味成分が急激に増えますので、家庭菜園などをされていらっしゃる方は、参考にされるとよいかも知れませんね。天ぷらや素揚げなどにする場合は、破裂防止のため、必ず爪楊枝やフォークの先で穴を数ヶ所あけておきましょう。