みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-summer-

メロンの上手な選び方と料理方法メロンの上手な選び方と料理方法


メロンの上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
甘い香りでチェック
マスクメロン場合おいしいメロンの選ぶコツは第一に形が大きな目安になります。色ムラが無く均整が取れた左右対称のもので、網目がクッキリと細かく均等に広がり、網1本1本の盛り上がりが高いものがおススメです。網目が細かい方が香りや甘味が強い傾向にあります。手に持った時にずっしりと重みを感じるものの方が、中身が充実し果実が凝縮され、種の比率が低く肉厚で味も優れています。お尻を押した時に少し弾力を感じるものを選んでください。また、下から熟すのでお尻からみずみずしいメロンの香りが出ているか確かめましょう。
みなとのギョギョっと食べやさい
品種の分類
メロンは果肉の色によって赤肉種、青肉種、白肉種に分けられます。赤肉は夕張メロンやクインシーメロン、青肉はアールスメロンやアンデスメロン、白肉にはホームランメロンなどがあります。網の有無によってネット系、ノーネット系にも分けられます。ネット系メロンは、マスクメロン、ノーネット系ではマクワウリなどがあります。マスクメロンや夕張メロンなどはT字型のツルが付いた状態で出荷されますが、T字型のツルがあるものとないものの差はありません。
メロンはツルから出来ますが、メロンの種類に応じてツルを切ったり残したりしているのです。
みなとのギョギョっと食べやさい
メロンは追熟します
販売されているメロンは食べ頃より少し早めに出荷されています。ですので、家で追熟させた方がよりメロンをおいしく食べることができます。メロンを美味しく食べるには、風通しがよく直射日光の当たらない場所で常温保存してください。メロンのおしりの周りを押してみて少し弾力を感じるようになり、メロンから甘い香りが立ってくれば食べ頃です。また、ツルの根元部分は黄緑色のままで、その他の部分がしおれている状態も完熟な証拠です。食べる2時間位前に冷蔵庫で冷やすのがポイントです。冷やし過ぎは香りと甘みが損なわれます。

メロンを保存するメロンを保存する


カットしたら空気に触れないように。

カットしたら空気に触れないように。 食べ頃を過ぎると、発酵してきて、やがて腐っていきます。完熟後は賞味期限が短くなりますので早めに食べるようにしましょう。食べ切れずに冷蔵庫で保存する場合は、種を取り除き、空気に触れないようしっかりとラップをし、冷蔵庫の野菜室で保存します。半分にカットしたメロンなども同様にラップをしっかりとして、空気に出来るだけ触れないようにします。一口大に切ったメロンは、タッパーに入れるか、ジップロックに入れて冷蔵保存します。カットしたメロンは、空気に触れることにより味が急激に落ちやすいので、空気に触れないよう、しっかり密閉させるのがポイントです。


  • マクワウリの一種と西洋メロンの交配品種のタイガーメロン。追熟しないタイプのメロンです。マクワウリの一種と西洋メロンの
    交配品種のタイガーメロン。追熟
    しないタイプのメロンです。
  • 矢印
  • 夕張メロン。果肉がオレンジ色の高級ネットメロンで赤いダイヤとも呼ばれます。夕張メロン。果肉がオレンジ色の高級
    ネットメロンで赤いダイヤとも
    呼ばれます。
  • 矢印
  • 花落ち(お尻の部分)と種の周囲が甘いので、縦にくし切りすると甘さが均等になります。花落ち(お尻の部分)と種の周囲が甘い
    ので、縦にくし切りすると甘さが
    均等になります。
  • 矢印
  • メロンのツルは左右の太さが違います。 太い方のツルは幹に、細い方のツルは葉に繋がっており、栄養が入ってきて抜けますので、ツルの太さは左右非対称のメロンが甘いです。メロンのツルは左右の太さが違います。
    太い方のツルは幹に、細い方のツルは
    葉に繋がっており、栄養が入ってきて
    抜けますので、ツルの太さは左右
    非対称のメロンが甘いです。

メロンの豆知識メロンの豆知識


夏バテ回復に効果的。

夏バテ回復に効果的。 みずみずしさと贅沢な甘さで人気のあるメロンですが、ワタの部分はどうされていますか?種といっしょに捨ててしまう方も多いのではないかと思います。メロンは種の周りのワタ(種が付いている部分)が特に甘いです。種をスプーンで取りのぞく方も多いかと思いますが、スプーンでの取りのぞく際においしい部分が種と一緒に削れてしまいますので、ザルで濾して種を取り、メロンジュースにしても美味しいですよ。ワタの部分には特にビタミンCとβカロテン(赤肉種)が多く含まれていますので、美肌効果があります。果肉にはカリウムも多く、体内の余分なナトリウムを排出しますので、体内の水分バランスを整えます。メロンの甘味は果糖、ショ糖、ブドウ糖などで構成されており、体に吸収されやすい上に、すぐにエネルギーに変わりますので、夏バテ回復に効果的です。