みなとのギョギョっと食べやさい

みなとのギョギョっと食べやさい


旬の野菜-winter-

白菜の上手な選び方と料理方法白菜の上手な選び方と料理方法


白菜の上手な選び方と料理方法ポイント1〜3
1個丸ごと買う場合、大きさよりも「重さ」で選びましょう
しっかりと上が閉じていて、葉の先までしっかり巻いていて、ズシリと重い白菜を選んでください。葉がしっかりと巻いているのは、冬の寒さに耐え、身を守るために糖度をたくさん蓄えている白菜です。重い白菜はみずみずしく新鮮です。緑の外葉が付いたままの方が良いですよ。
みなとのギョギョっと食べやさい
半分にカットされている白菜は切り口をチェックしましょう
芯の部分の切り口が盛り上がっていない白菜を選びましょう。白菜は切ってからも生長を続け、時間と共に断面が膨らんできます。カットされている白菜の芯の部分を見てください。芯の部分に切れ目が入っている白菜は、芯の部分が膨らむのを防ぐために切れ目を入れていますので、そのお店の心遣いが分かります。
みなとのギョギョっと食べやさい
カットされている白菜は、外葉は緑色、内葉は黄色のものがベスト
カットしてから時間が経った白菜は断面が緑色になってきます。白菜の中の色は黄色いのが美味しくて新鮮な白菜です。また、芯が短い白菜は甘いですので、せっかくカットされているので、芯の長さもチェックしましょう。春の白菜は葉がゆったりと巻いていて、芯の長さも冬の白菜に比べると長めですよ。

白菜を保存する白菜を保存する


株の根元に切り込みを入れると白菜の生長が止まります。

株の根元に切り込みを入れると白菜の生長が止まります。 白菜は比較的長持ちします。丸のままの場合、新聞紙で包み日の当たらない涼しい場所で立てて保存します。新聞紙が湿ってきたら、乾いたものに交換します。カットしてある場合は、ラップでしっかりと包んで冷蔵し、早めに食べましょう。白菜は収穫された後でも、生長を続ける野菜ですので、株の根元に繊維に沿うように縦に切り込みを入れておくと、生長を止めることができ鮮度が落ちるのを抑えることができます。


  • 漬け物にしてもおいしい白菜。塩漬けにしてもビタミンCは損失が少なく、ミネラルも効率よく摂取できます。漬け物にしてもおいしい白菜。
    塩漬けしてもビタミンCは損失が少なく、
    ミネラルも効率よく摂取できます。
  • 矢印
  • おなじみの白菜のキムチ。乳酸菌と納豆菌は相性がよいので、納豆にキムチを混ぜて食べる「納豆キムチ」は最強なのだとか。おなじみの白菜のキムチ。
    乳酸菌と納豆菌は相性がよいので、
    納豆にキムチを混ぜて食べる
    「納豆キムチ」は最強なのだとか。
  • 矢印
  • 豚肉と白菜を重ねた「白菜と豚のミルフィーユ鍋」。様々なアレンジができる人気の鍋料理です。豚肉と白菜を重ねた「白菜と
    豚のミルフィーユ鍋」。様々な
    アレンジができる人気の鍋料理です。
  • 矢印
  • 雪の下で白菜を寝かすと、寒さに耐えようと糖分を蓄え、甘みをより感じる白菜になります。雪の下で白菜を寝かすと、寒さに
    耐えようと糖分を蓄え、甘みをより
    感じる白菜になります。

白菜の豆知識白菜の豆知識


黒い斑点の正体は?食べても大丈夫?

黒い斑点の正体は?食べても大丈夫? 白菜の黒い斑点は、白菜のポリフェノールが「生理障害」で表面に出てきたものです。黒い点々なので「ゴマ症」と呼ばれていますが、虫や病気、カビなどではありません。食べても体に何の害もありませんが、気になる場合は、黒い部分をそぎ落とすと大丈夫ですよ。「ゴマ症」ができる原因は、肥料(窒素)のやり過ぎ、気温が高過ぎたり低過ぎたりした場合、長雨が続いたりして白菜の水分量が多くなり過ぎ、栽培された畑が狭く密度が高かったりなど、白菜のストレスから起こります。またゴマ症は、白菜を買ってきてすぐは斑点がなくても、冷蔵庫での保管が長くなると現れることもあります。低温が続くことが原因です。この「ゴマ症」は白菜以外にもカブや小松菜、野沢菜などにも見られます。また、ゴマ症ではないですが、食べた白菜が苦かった経験はありませんか? それはアブラナ科の野菜でよくあるのですが、アブラナ科の野菜は、虫をよせつけないように外葉に苦みをもっています。緑色の部分が多い白菜は少し苦い部分もあるようですが、茹でると苦味は無くなりますのでご安心を。